miniko::kimama

元トレーダー銀行員がお金の事や結婚式の事とかを気ままに記録します。

プリザーブドフラワーをあしらった席札を手作りした記録

116人の席札を総額3,000円ほどで作成しました。1人約30円です☺︎

時間は午前中いっぱいかかりましたが、そんなものです。

 

完成した席札

 

f:id:t-and-r-ms:20171128153155j:plain

裏はこんな感じ↓

f:id:t-and-r-ms:20171128153207j:plain

人によって色をお花は変えています↓

f:id:t-and-r-ms:20171128153218j:plain

f:id:t-and-r-ms:20171128153230j:plain

f:id:t-and-r-ms:20171128153254j:plain

f:id:t-and-r-ms:20171128153308j:plain

f:id:t-and-r-ms:20171128153242j:plain

子どもにはこうしました↓

f:id:t-and-r-ms:20171128153322j:plain

 

 

用意したもの

  • 台紙(DAISO) 1セット12枚なので10セット購入  ¥1,050

f:id:t-and-r-ms:20171128153121j:plain

 

ハーバリウム用のものです。フリマアプリfrilで購入しました。

  • 子ども用のリボン(DAISO) ¥100
  • 印刷機(家庭用のインクジェットです)
  • グルーガン(DAISO) ¥200

 

作り方

  • 台紙をハサミで整える

f:id:t-and-r-ms:20171128153133j:plain

要は切り離して余計な部分を切るだけです。

  • エクセルでデザインする

f:id:t-and-r-ms:20171128153109j:plain


アイコンは有名なフリーアイコンサイトfont awesomeからダウンロード

fontawesome.io

 

  • 印刷
  • 半分に折る
  • 花やリボンをグルーガンでくっつける

初めてグルーガンを使いましたが、意外と簡単でした!

グルースティックはいいのを買うと綺麗にいくかもです(私はDAISOので仕上げましたが、切れが悪かったです)

 

以上です!

お世辞かもしれませんが、おしゃれ!可愛い!とゲストの方は言ってくれました!

ナチュラルウェディングを目指している方の参考に少しでもなれば幸いです☺︎

結婚式の激安ペーパーアイテムで大満足したレポ

費用は100人規模の式で、平均13万円のところ、総額4万円ほどで済みました!

 

招待状

 

検索して調べていたら1セット100円セール!というサイトを見つけ

私はそこに頼みました☺︎↓

www.amoleaf.com

 

どうやら100円セールは、内容は違えど高頻度で行われています! 

 

完成はこんな感じ

 

f:id:t-and-r-ms:20171128154132j:plain

f:id:t-and-r-ms:20171128154157j:plain

↑自筆したのはこの宛名だけです。(印刷ももちろんできます)

f:id:t-and-r-ms:20171128154209j:plain

f:id:t-and-r-ms:20171128154222j:plain

f:id:t-and-r-ms:20171128154236j:plain

f:id:t-and-r-ms:20171128154249j:plain

 

以上、

  • 封筒
  • 台紙
  • 本文用紙
  • 返信ハガキ
  • 台紙と用紙をセットにする紐

がついて1セット100円です。

別途付箋も購入しています。付箋は1枚10円ほどでした。

 

作成までの流れ

  1. 申し込み
  2. 受け取り(店舗でも自宅でも受け取り可)
  3. テンプレートダウンロード・編集

  f:id:t-and-r-ms:20171128154124j:plain

マイページの中にある「手作りペーパーアイテムテンプレート」から購入商品に合わせてダウンロードできます☺︎作成はとても簡単でした。名前などを変えるだけです。

   

 4. 印刷

  ・封筒裏の自宅住所

  ・本文

  の2か所印刷しました!

 

    5. 封入と宛名書き

    6.切手貼り

  見落としがちなのがここでの費用。

  ・返信用はがき62円 

  ・封筒82円

  が1セットにつきかかります。

 

 

上を見ればもっと綺麗なものはありますが、十分です!

ちなみに総作成時間は印刷時間があるので3時間ほどでした。

 

席次表 

席次表は、受付で渡されるアレですね。

ゲストが席を確認するために使います。

 

完成はこんな感じ 

 f:id:t-and-r-ms:20171128154046j:plain

f:id:t-and-r-ms:20171128154101j:plain

 

  • 台紙
  • 用紙
  • 台紙と用紙をセットにする紐

 がついて1セット150円でした。

中の用紙は、折り目もあり、意外としっかりした作り、という印象です。

 

完成までの流れ

  1. 申し込み
  2. 受け取り(店舗でも自宅でも受け取り可)
  3. テンプレートダウンロード・編集
  4. 印刷
  5. セッティング

 

出席者が確定後に急ピッチで進めました。

流れは招待状とほぼ同じですね☺︎

 

席次表のデータ作成

席次表の編集は大変でしたので、別枠でお話しさせてください!

少しでも参考になれば幸いです。

 

  • 1.以下のように肩書きと名前を1つのセルに入力し、縦にリスト化します

   新婦大学友人

   〇〇 〇〇 様

 

※元データが苗字と名前の間にスペースがない、などはエクセル関数で一気に編集してください。検索するとたくさん出てきます

 

  • 2.リスト化したセルの内容を以下のマクロでテキストボックス化します

 

Sub aaa()

 

 For Each r In Application.Intersect(Range("Q2").CurrentRegion, Columns("Q"))

     With r.Offset(, 1)

         With ActiveSheet.TextBoxes.Add(.Left, .Top, .Width, .Height)

             .Text = r.Text

         End With

     End With

 Next

 End Sub

 

赤字の部分は適宜変えてください。

私はQ2セルから縦に出席者が並んでいたシートで使ったのでこうなっています。一気にテキストボックス化されます。※macVBAが動かないことが多いです

 

  • 3.すべてのテキストボックスをテンプレートのwordにコピペ
  • 4.後はひたすらテキストボックスを配置していくという形です。

 

いろいろなやり方があるかと思いますが、私は以上のように行いました☺︎

 

 

 

結果、

  • 招待状100円 × 116人 = 11,600円
  • 切手(62円 + 82円)  × 116人 = 16,704円
  • 席次表150円 × 116人 =  17,400円

と、ペーパーアイテムが100人規模で4万円ほどで済みました!

 

しかも、ゲストに可愛いという声もいただけて、大満足でした!!

 

 

以上、amoliefの口コミのような記事でした....!!!!☺︎

 

 

 

 

赤字にしない!結婚式までにした事簡易まとめ

結婚式の準備はとても大変と話に聞いていたけど、

・楽だった

・喧嘩なんて一切しなかった

・とても幸せな日になった

・赤字にならなかった

そんな卒花嫁からの経験した何様アドバイスです。

 

どこでどんな結婚式に?

結婚式場   :アニヴェルセル表参道

ネムーン  :ハワイ(後撮り)

人数     :116人

 

極々一般的な形式ではないでしょうか。

はじめはハワイで挙式をし、日本で披露宴をしようと考えておりましたが、

・ハワイに両親を呼ぶ際の宿泊費や交通費が高い

・結婚式場の特典挙式代がタダになった

という事情から、式と披露宴はまとめるのが現実的!と判断しました。

 

挙式代がタダ、これについては後ほどお話しします。

 

時間とお金の節約ポイント 

  • 引越しは3か月前まで
  • 婚約指輪はなし
  • 何にこだわりどこを削るかを2人で方向性を一致させる
  • 名義と住所の変更手続きは入籍と同時に1度で終わらせる
  • ブライダルフェアは初めてアピールをして数十万浮かす
  • 衣装はフリマやネットをうまく利用
  • カメラマンの手配はCtoCサービスをうまく使う
  • ムービー作成はiMovie上位互換final cut proXのトライアル
  • おしゃれなウェルカムボードはホームセンターへ行けば4,000円でできる
  • ペーパーアイテムは1セット100円〜揃う

 

長い記事、何様だよ!な口調で書いておりますが、是非お付き合いください。

ペーパーアイテムやムービー、ウェルカムボードの細かい作成手順はそれぞれ別記事にて☺︎

0.  同棲

式前後の引越しなどが無かったので、楽になったポイントです。

個人的には、準備が佳境になる3か月前までには

引越し&新しい環境に慣れていると本当に楽だと思います。

 

1.プロポーズと指輪選び-男性必見です・・!

まず、女性はここで節約されたくない。ですよね!!

ですが、女性が納得のいく節約はあると思います。

それは婚約指輪なしという選択です。

今、意外と婚約指輪なしは異例ではないようです。

実際、3割の方が婚約指輪なし、な時代だそうです。

www.mwed.jp

 

「え。。サプライズで指輪カパッに憧れる・・・」

そんな方もいるかと思いますが、

高〜い指輪をサプライズで買うのは、

もしサイズが合わなかった場合にかかる時間とお金がとても無駄に。

それでも、そんなリスクは負わずに上の憧れは十分叶えられます。

 それは、

 

カパッの箱だけ買ってしまう!

です。こんな感じでたくさん売ってます。

 

あとは素敵なレストランでも予約して、

 中に

・おもちゃの指輪

・婚約の証プレゼント券

などなどを入れればOK

 

今後生活を共にする上で必要な計画性や生活力、

そしてそれでもなお彼女を喜ばせようとする心意気、

バッチリ伝わるのでオススメです。

 

「婚約指輪と結婚指輪の重ね付けに憧れる・・・」

方は、結婚10年のお祝いに、結婚指輪に重ね付けする指輪を買ってねと、

可愛くおねだりするというのはいかがでしょうか・・・!

 

2.両親への挨拶

当たり前かもしれませんが、ここで

両親の結婚式に対する意向・結納の有無を把握しておくと後が楽です。

 

挨拶も済ませた2人。結婚式が現実的になり、ワクワクしながら結婚式のことを色々考え始めます。

「海外でやりたいな〜」なんて考えていたのに、

後から両親が絶対に国内がいい!と言うようであれば、

考え直さないといけませんからね。

 

3.どんな結婚式にしたいか

当たり前のようですが、何気に重要なのがここでした。

挙式スタイルは当然として、その他、何を重要視するかを洗いざらい吐き出す!ということです。

何を優先して、どこを削るか、が見えてきます。

 

式場へ支払うお金は大きく分けると

・料理

・会場費用(立地)

・衣装

・美容

・花

・演出

・写真

・ビデオ

・上映ムービー

・引き出物

・ペーパーアイテム

 

上記に是非順位をつけてみてください☺︎

 

一番優先したいもの、見えてこないでしょうか・・?

とにかく、これだけは妥協したくない、というものを新郎新婦でしっかり話し合い、同じ方向を向きましょう。

 

式場へ支払う費用とお祝儀など、細かいことは別記事でお話ししまね。

 

4.手続き

結婚に関係する手続きはたくさんで大変そうですが、

少しでも工夫することはできます。

 ※大前提として引越し→入籍の順で語っています

 

何より楽を優先するならば、こんな流れかと。

  1. 引越し日確定
  2. 引越し業者手配  10分
  3. 引越し前の市役所へ転出届を出す(引越しの2週間前〜) 30分
  4. 電気・ガス・水道・ネット・NHKの停止or開栓手続き 隙間時間にネットで
  5. 引越し
  6. 婚姻届と転入届を提出 1時間
  7. 免許証とパスポートの名義・住所変更 30分
  8. 銀行・証券・保険・携帯・クレカの名義・住所変更 隙間時間にネットで

 

6〜8は午前中から動けば1日でいけます。

役所とパスポートセンター、免許証変更の警察署は近いことが多いので一気にまわるのがオススメです。

 

 

電気・ガス・ネットは、自由化の影響で、セットにするとお得な場合があります。

例えばソフトバンクや東急、東京ガスなどですね。

この場合、変更も楽なので個人的にはオススメです。

 

 

5.式場選び

優先するものが決まったら、それに沿った式場をピックアップ。

 ex.ゲストが1番気にする料理を最優先 → 料理の評価が高い所

 ex.足の悪い母のために立地は最優先 → 都心の駅近

 ex.カメラマンの友人に写真を頼む → カメラマンの持ち込み可能な所

 ex.人数呼ぶから広いところ!・・・・・などなど

 

ピックアップしたら早速ブライダルフェアに!

zexy.net

 

ここで重要なのは、結婚式の見学は初めてだと式場に伝える事です。

 

最近、結婚式場は「初めて割」などがあります。

1番目に式場見学に来てくれたお客さんに割引をするのです。

私はこれで、式場代35万円近くが無料になりました。

 

電話予約の際や当日フェア中に、

「今までどれぐらい式場見てこられましたか?」と聞かれるので、

初めてですと伝えるといいです。

 

嘘をつきたくなければ、本命を最初にいきましょう。

 

6.衣装試着(半年前)

衣装は固定費です。

30万円のドレスの場合、100人呼べば1人のお祝儀のうち3,000円(30万÷100人)となるわけです。

※この辺りの考え方はこちらの記事にて☺︎

 

人数や衣装への優先度を考えながら選びましょう。

 

節約のポイント

  1. 予算を先に伝えてから出してもらう
  2. 持ち込み可能な式場なら、フリマやネットで3,000円台から調達可能

 

1.の理由は簡単で、高いの着てしまうと欲が出ますからね・・・!

2.は、衣装の優先度が低い方にオススメです。

もしサイズが合わなければ、再度売り出せばトントンなので、何も心配いりません。

ネット販売では試着もできるところもあるみたいですね。

 

7.招待客に呼びかけ

早め早めに越したことはありません。

お呼びする前に、必ず式場のテーブル人数上限を確認しましょう。 

8.初回のカウンセリング(4か月前)

どんな式にしたいか、何を重要視したいか、などを聞かれました。

あとは

・演出や写真のプランをどうしたいか決めて連絡ちょうだい〜

・招待状はこうやって発送してね〜

と指示を受けた形です。

9.前撮り

ここで撮れた写真を、ウェルカムスペースや、ムービーに活用する方が大半ではないでしょうか。

 

節約ポイント

  1. 当日式場で写真撮るのに、式場で前撮りするか考える
  2. 衣装はフリマやネットで
  3. カメラマンは出張撮影サービスや友人・兄弟にお願いする

です。

1.を考える理由は簡単。式場で前撮りすると高い、からです。

 

2.は前述した通り

3.は流行りのラブグラフやtimeticketを利用しカメラマン代を1万円以下で抑えるか、

lovegraph.me

www.timeticket.jp

兄弟や友人にデジカメやスマホで撮影してもらい、謝礼代のみに抑えるということです。

 

私は母校(高校)に電話して、弟に撮ってもらいましたので、

・ウェディングドレス8,000円(フリマサイトfrilで購入)

・弟への謝礼5,000円

で済みました。レポはこちらの記事にて☺︎

 

10.打ち合わせ(3か月前)

事前に決めた写真のプランや演出のプランなどを伝え、

支払いの流れなどを確認した形でした。

さらっと終わり、あっけなかった印象です。

 

11.オープニングムービー作成(5時間)

ムービーの中で最も自分達らしさの出せるものです!

2分~3分程度でしょう。

 

節約のポイント

  1. ムービー作成ソフトを厳選する

 

ぐらいでした。

macユーザーの方にオススメしたいのは、

final cut pro Xのトライアルです。

1か月何の制限もなく使えます!

 

よくあるトライアルは、透かしが入ったりしますが、

そういうのもなかったですし、

iMovieの上位互換で映画も作れるソフトなだけあってクオリティの高いものが

作れます☺︎

ムービーに関する詳細は別記事にて☺︎

 

意外と見落とすのは、ムービーに入れる楽曲です。

以前は使い放題でしたが、最近はISUMという権利だけ振りかざす団体がおり、

使う楽曲は申請(1曲7,000円など)が必要です!

また、ISUMの提示する楽曲リストに、使いたい曲がない場合は、楽曲リクエスト(要1か月〜!!)しなくてはいけません。

邦楽以外を使いたい方は要注意です。

詳細はこちらにて☺︎

 

12.プロフィールムービー作成(10時間)

5分~7分のムービーです。

実家から写真を集め、スキャンする作業が時間がかかりました。

それが終われば、音楽を考えて、写真を繋げるだけです。

 

13.余興依頼

早め早めの依頼がいいでしょう。

お礼は

・演奏などなら1人1万円〜

・スピーチなら数千円

ここはケチれないところですね。

14.招待状発送(1.5か月前)

式場に頼むと1人500円〜などです。

私は下記のところに頼み、1人100円に抑えました。

 

500円 × 100人 = 50,000円

100円 × 100人 = 10,000円

 

では数万円も差が出ます!

 

www.amoleaf.com

レポはこちらから☺︎

 

15.最終打ち合わせ(1か月前)

細かい進行や最終金の確認などです。

こちらも1時間程度であっけなく終わりました。

16.音響打ち合わせ(1か月前)

音響についてはお任せすれば何も用意はいりません。

逆にこだわりたければ、CDの入手が必要になります。

(著作権がうるさく、iTunesにデータはあるので空CDに焼いて流すのはダメなようです。この辺の詳細はこちらの記事にて☺︎)

 

CD買うのもなあ・・という方は、PCを持ち込んで知人や兄弟に流してもらう、というのも可能ではあります。

 

17.フラワー打ち合わせ(1か月前)

一番安いプランでも、フラワーさんはプロなので、派手な装飾を使う、などして下さり、寂しい感じにはなりませんでした。

もちろん、こだわれるならばこだわっていいのでしょうが・・・!

 

18.席次表・席札作成

席次表は招待状と同じところで1人150円で済みました!

www.amoleaf.com

 

しかもとても可愛いかったです☺︎

レポはこちら☺︎

 

席札は100均で購入した台紙にエクセルでデザインしたものを印刷し

ハーバリウム用の安いプリザーブドフラワーをくっつけました。

116人分、総額3,000円ほどです。

レポはこちら☺︎

 

19.ウェルカムボード作成(4時間)

購入でも安いのは存在します。

が、こだわりたいなら自作するものオススメです。

自作の場合は、材料費4,000円ほどで大きくおしゃれなウェルカムボードが作成できます。

 

自作レポはこちらの記事にて☺︎

 

20.エンドロール作成(3時間)

出席者の名前を映画風にスクロールし、準備の動画や前撮りの写真を流せばすぐにできます。

こんな感じです。作成方法は別記事にて☺︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Softbankのiphoneをそのままに、携帯代を1000円代へ

softbankかつiPhoneユーザーの方、月々の携帯代金いくらですか?

お伺いしてしまいましたが、先に私の今月の請求代金をご提示すると・・

f:id:t-and-r-ms:20170210132224j:plain

 

高いですね。

ちなみに、同じ画面から確認できる、月の使用データ量はというと、2GB~4GB。

7GBのパケホなのに、上限にいったことはありません。

非常にもったいないですね。

 

※データ量の目安になれば幸いと思い記します

ーー>当方、家でのみwifi・通勤時間ずっとスマホ・休日はポケモンgo・電話は月に2回ほど

 

 

これを、家から出ずにiPhoneのまま携帯代を1,000円代にしてみました!

以下はその手順です。ご参考になれば嬉しい限りです。

 

確認.1

お手元のiPhoneは、iPhone何、ですか?

  • iPhone6s
  • iPhone6s Plus
  • iPhoneSE
  • iPhone7
  • iPhone7 Plus

の方、手続きは本当にすぐです。以下の「手続き.1」は読み飛ばしてください。

 

それ以外の方、大丈夫です。手続きは、すぐ +α 程度です。

以下お付き合い願います。

 

手続き.1 simフリーiphoneを手に入れましょう

方法は2つ

■中古で買う

価格はピンキリ。こだわらなければ、iPhone4Sとかを1万円代前半で買えます。

www.musbi.net

 

■新品を買う

1番安いのはiPhoneSE 16GBで44,800(税別)〜。

つい最近まで倍近くしたのですが、iPhone7が登場したためこの値段に。

割安感がありますね。

購入は、appleから直接買うのが一番早いし安いです。変な契約もさせられないですし。

www.apple.com

 

当方は新品でiPhoneSE 64GBにしました。分割払い(金利なし)もありましたが、わかりをよくするために一括で購入。

例のごとく翌日には届きました。

ここで初期費用53,784円

 内訳)  端末代49,800円 + 税3,984円

f:id:t-and-r-ms:20170210141730j:plain

 

 

ちなみに、何故このような手続きが必要かというと、

SoftbankかつiPhone6以前の端末は、SIMロック解除ができないので、格安simを買っても入れても動作しないため

 

ちなみに、動作するのは...

f:id:t-and-r-ms:20170210142817j:plain

  ※softbankページより

やんなっちゃいますね。

「手続き.1」での費用は人によりけりですが、私の場合、月の携帯代金1万円⇨1,500円にすることで約8,000円が毎月浮くので、

手続き1費用 53,784 ÷ 8,000 = 6.7ヶ月

でプラスに転じます。

 

もちろん、中古で19,000円のiPhone6を手に入れたとすると、

19,000 ÷ 8,000 = 2.4ヶ月

で元取れますね。

 

手続き.2 MNP予約番号を発行しましょう

この手続きは、今までお使いの電話番号を格安simにしても使用したい場合に行います。

方法は簡単。以下に電話して、MNP予約番号をSMSで入手します。

電話番号 ソフトバンク携帯電話から *5533
フリーコール 0800-100-5533(無料)
受付時間 午前9時から午後8時
My SoftBank(携帯版のみ)午前9時から午後9時30分

※ 特にこの手続きをしたからといって、通信がいきなりできなくなるわけではないのでご安心ください。

 

この時、担当者から今乗り換えるととても損ですって営業トークをされるかと思います。

大丈夫です。早く乗り換えれば乗り換えるだけ、お得なのは変わらないです。

 

ちなみに、この時伝えられる内容は

  1. 解約手数料9,500円かかります 
  2. MNPの手数料3,000円かります 
  3. 解約は月末の方がいいですよ 
  4. Yモバイルはとってもお得ですよ
  5. 端末の残債があります

こんなところです。順にご説明します。

 

1.解約手数料9,500円かかります」

この手数料は人により発生したりしなかったりします。

確認方法は以下

・MySoftbankにログイン後、「契約確認」のページへ

・以下の画面になったら、「※更新期間」を確認

 この期間内だったらかかりません 

f:id:t-and-r-ms:20170210150027j:plain

 当方は払いました。待っていられずに。

待つか待たないかは各々の判断だと思います。

待てば待つほどもっとお得な乗り換え方法が出てくるかもしれませんしね。

 

「2.MNPの手数料3,000円かります」

これはDMMモバイルにしろLINEモバイルにしろ必ずかかります。

必要経費です。キャッシュバックキャンペーンをやっているところもありますが。

さらに言うと、転出で上記、転入時に新規契約先へ3,000円必要です。

 

「3.解約は月末の方がいいですよ」

契約が1か月ごとなので、既に支払ってしまった携帯代分、存分に使用した方がお得、といった内容です。確かにそうです。

2/15に乗り換えたとしたら、2/1~2/28の携帯代金をsoftbankに支払い、更に新契約会社にも2/15~2/28の携帯代金を支払うことになるので、支払いが重複します。サービスは変わらないのに。

※最初の月の携帯代無料サービスを行っている会社もあるので、その場合はいつでもいいですね。

 

「4.Yモバイルはとってもお得ですよ」

無視ですね。私を担当してくださったsoftbankコールセンターの方は、無理な営業はなかったです。「考えていません〜」と申し上げたらすぐに手続きしてくださいました。

 

「5.端末の残債があります」

※残債があっても言われる場合と言わればい場合があります。

今までお使いの端末代を分割払いしていて、今までsoftbankが割引という形で肩代わりしていたけど、契約解除で割引がなくなる。ゆえに、分割払いが終わっていなかったら、端末代金の分割払いが引き続きあるよ、(もちろん一括払いも可能)と言った内容です。

mySoftbankから毎月の支払明細を見て、端末代の支払は終わっているのか&終わっていなかったらいくら支払うことになるのか、を確認しましょう。

残がある方は、

月の支払 = 格安sim会社へ通信料約1,500円 + softbankへ端末の残債約3,000円 となるわけです。 

 

手続き.3 格安simの申し込みをしましょう

ここでMNP予約番号の出番です。

 

私が契約したDMMモバイルを例に手続きをお話しすると、

①サイトへ

f:id:t-and-r-ms:20170210151416j:plain

※データ専用SIMプランは、電話番号なしのプランです。

なしとは言え、今は無料通話アプリがたくさんあります。電話番号も、IP電話アプリなどから取得可能です。余裕で生きてはいけます。より節約されたい方はこちらがおすすめ。月々500〜1000円ぐらいは変わるでしょう。(手続き2で説明したMNP予約番号の取得は必要ありませんね)

ちなみに当方は固定電話も使ってないですし、何年も慣れ親しんだ電話番号を手放したくなかったので、音声通話付きSIMプランです。

 

②個人情報とクレジットカード(デビットはダメでした)情報とMNP予約番号を入力

③免許証をiPhoneでパシャりしてアップロード(本人確認のため)

 

以上を手続きした後、以下のように3日でSIMが届きました!

f:id:t-and-r-ms:20170216154803j:plain

f:id:t-and-r-ms:20170216154812j:plain

ご存知かとは思いますが、この指で押さえた小さい部分がsimですね!

 

手続き.4 simを入れ替えて開通手続き!

 

の前に、まずはi.softbank.jpのアドレスが使えなくなるので、それに備えましょう。

そして、今まで使っていたiPhoneバックアップをとりましょう。

www.appbank.net

私はmaciPhoneつないで、iTunes開いて、ポチッとバックアップボタンを押しただけです。もしこの方法をするならば、バックアップを取り終わった時点で、iPhoneを探すからログアウトしておくのを強くお勧めします。復元の時にやや面倒だったので。

 

完了したら、いよいよ開通作業です。

 

MNPで電話番号切り替えした方のみ、

https://mvno.dmm.com/mypage/

にアクセスして電話番号の切り替えを申し込み

完了したら登録したアドレスでメール受領
 2~3時間かかるので、注意が必要です。(申し込み時間10:00~19:00土日祝祭日含む)

 ※この間、途中から圏外になりますがwifi環境でしたら旧端末(端末交換されてない方も)でデータ通信可能です。

 

simカードを、これから使いたい端末に挿入しiPhone電源on

③恒例のHELLO画面の流れでiCloudやsiriなどの設定をし、その後バックアップから復元

④APNの設定

  1. safarihttp://mvno.dmm.com/apn/にアクセス

  2.  ダウンロードをタップし「プロファイルのインストール」画面へ

  3. インストールをタップし画面を確認したら、再度インストールをタップ

iPhoneの「設定」からでも手動でAPN設定をできるのですが、一部不可能な端末(SEとか6sとか)があるので割愛します。一応、simが送られてくる際に、紙ベースでも一緒にマニュアルが届きます。

 

iPhone再起動

※再起動しないと、電話が通じないことがよくあります。

 

 

 

これにて完了です。開通作業をしたら、softbankとの契約は勝手に切れます。

※端末の残債がある方は、契約は切れますが、引き続き、端末代だけsoftbankへ支払う形です。

 

以上による私の損益まとめ

■乗り換えたたことによる費用 

  • MNP転出手数料 -3,000円

    もちろん、IP電話アプリとか無料であるし、

    電話番号を引き継がない!な方はかかりません。

  • 契約事務手数料 -3,000円

   MNP転出手数料があるからには、転入手数料があるということ。

   もちろん、電話番号を引き継がない方をかかりません。

    また、うまくキャンペーンを使うと節約できる可能性もあります。

  • 解約手数料  -9,500円

         もちろん、契約更新期間内の方はかかりません。

   対象か否かはMySoftbankから「契約確認」のページで確認可。

  • 新端末代金   -53,784円

  一番人により差がある費用です。

   もちろん、今の端末がiPhone6s以降なので

   そのまま使えるという方は0円ですし、中古で買う方は1万円から。

  • 残債 -20,000円(分割払いの残総額)

   これも人により差がある費用です。

   0円の方もいます。MySoftbankから「支払明細」ページで確認可。

 

合計-89,284円

 

大きいですね。私はかなり高い方だと思います。

人によっては、本当に-6,000円とかでしょう。

iPhone6sかつ契約更新期間かつ残債0だった私の夫はそうでした。

この場合絶対乗り換えた方がいいですね。

 

さて、この費用により月々浮くお金は・・・

平均1万円の支払をしていた私、それが1,500円になったので約8,500円/月

 

-89,284円 ÷ 約8,500円 = 10ヶ月

で元を取れることになります。

 

私は年間で支出入を見ているので、

格安simに乗り換えずに

12ヶ月で 1万円 × 12  = 12万円の支払をするより、

乗り換えて

イニシャルコスト89,284円 + (ランニング1,500円 × 12ヶ月)⇦18,000円 = 107,284円

の支払をする方がiPhoneもアップグレードできるしお得と見做し実行しました。

 

ちなみに、旧端末をmacに買い取ってもらい、

+1万円ゲットしてます!

 

 

少しでも参考になれば幸いです。